お知らせ&ブログ
Information

ミノーレのお知らせ情報や活動記録、婚活に役立つ情報などを発信していきます。
効率よく婚活をするために必要な知識を随時更新していきますので是非チェックしてみてくださいね。

2020.12.01

相手が退屈しているサインを見逃すな!退屈させない会話術でまたデートしたいと思われよう!

このしぐさに気をつけろ、相手が退屈な時のサイン

目は口ほどに真実を語るとは言いますが、退屈なサインは足や、目線、腕組みから読み取ることができます。

デート中についつい自分の話ばかりしていませんか?相手からの退屈そうなサインを見逃してませんか?

自己開示は大切ですが、相手が退屈するほど自分の話ばかりしてはいけません。

相手の退屈そうなサインを見逃すことの無いようにしましょう。

  • 足元から伝わるサイン
  • 腕の組み方から伝わるサイン
  • 目線の動きのサイン

この3つを覚えておきましょう。

足元から伝わるサイン

実は足元が一番退屈さを見極めるポイントとなります。

相手の足の向きが自分に向いていなかったり、執拗に足を組み替えるような動きが見られたら、相手があなたの話に飽きてきたサインとなります。

そのときは、相手に話を振ったり、相手の興味のある話に変えるなどしましょう。

足を組む癖がある人には一概に当てはまりませんが、よほど親しい間柄でなければ、足を組んで話を聞くような方はいませんが、

足を組み替える仕草は退屈してるサインと言えるでしょう。

腕の組み方から伝わるサイン

腕の組み方によっては、退屈さや、不安などを読み取ることができます。

こぶしを握って腕を組んでいるようであればあまり乗り気ではなかったり、二の腕あたりをつかんでいる腕組みは不安さを表しています。

しかし、腕を組んでいても姿勢が前のめりであれば、興味があるということがわかります。

腕を組みながら、姿勢が崩れていったり、足をのばしていたり、足がぶらぶらしていたら、早急に話を切り上げましょう。

目線の動きのサイン

目線からは多くの情報を得ることができます。

今回は、相手が興味がない、退屈しているときの目線の動きをお伝えします。

目線が合わない、目線をすぐそらす、ほかのものを目で追っている、 このような動きが見られた場合は、

話に興味がない、飽きてしまった、退屈していると捉えることができるでしょう。

まとめ

今回は会話の最中に読み取れる相手からのサインをお伝えいたしました。

いかがでしたか?

今までうまくいってなかったお相手、こんな仕草してませんでしたか?

相手の仕草にいち早く気づき、楽しませ、また会いたいと思われる会話を心掛けましょう。