お知らせ&ブログ
Information

ミノーレのお知らせ情報や活動記録、婚活に役立つ情報などを発信していきます。
効率よく婚活をするために必要な知識を随時更新していきますので是非チェックしてみてくださいね。

2020.11.30

今の相手と将来を見据えるなら絶対に見落としたくないポイント5選

今の相手と将来を見据えるなら絶対に見落としたくないポイント5選

付き合っていくうえで価値観の一致はとても重要な項目です。

そのための確認すべきポイントをお伝えします。

価値観の違いで別れてしまうカップルはとても多いです。

流れのまま、相手をよく知らないまま付き合ってしまうと、

「こんなはずじゃなかった」「思ってたのと違う」。 ということが起きてしまいます。

今回は、付き合うまでにここだけはお互いに知っておきたいポイントについてお伝えします。

お付き合いしてから後悔しないためにも是非確認してみてください。

  1. 会う頻度、連絡頻度
  2. 金銭面の価値観
  3. 食の好み
  4. 将来設計
  5. 信頼を置けるか

ポイントその1 『会う頻度、連絡頻度』

まず重要なポイントとなるのは、相手がどのくらいの頻度で会いたいと思っているのか、連絡頻度はどのくらいがよいかです。

会う頻度は、お互いに無理のないペースで。

相手を尊重し、決して自己中心的にならないこと。

ただし、相手に何かあったら真っ先に駆けつけてくれるような方が望ましいですね。

どちらかが無理に合わせるといった関係ではいつか破綻してしまいます。

お互いの適度な距離感を見極めましょう。

そして、女性は日ごろのメッセージのやりとりが多い方が安心するケースが多いですが、男性は日常のやり取りが苦手な方も多いため、

メッセージのやり取りを強要するようになるとうまくいかなくなることも。

しかし、付き合う前に相手がどの程度までの連絡頻度が許容範囲かを確認しておき、重要な連絡や相手を不安にさせないための連絡は絶対にするといった事前の取り決めを行うのは効果的です。

そうすることでお互いに苦に感じることなく連絡のやり取りを行えるでしょう。

ポイントその2 『金銭面の価値観』

次に、先を見据えるなら大切なポイントとして、金銭的価値観が挙げられます。

金銭面のずれが大きくなればなるほど、どちらかが我慢を強いられてしまうことや、結果的な別れに直結することが多いです。

やはり、先を見据えるのであれば必ず確認しておかなければならないポイントの一つです。

きちんとした生活が送れているのか?

今後結婚するとなればいつまでも独身のような金銭感覚ではいられないタイミングが必ずやってきます。

しかし、すぐにその感覚を治すことはできません。

お相手ができたタイミングでどのようなお金の使い方をするのかをデートの中や日々のやり取りの中から確認しておきましょう。

以下に気を付けるべき男性の特徴を例として挙げさせていただきます。是非確認してみてください。

こんな男性は散財タイプ

①毎回高級そうなお店に誘われる
②常に外食
③特別な日でもないのに高価なプレゼント
④よく高価な物を買っている

上記のものは例となります。

実際にお金持ちの方であれば問題ないですが、そうでない場合、堅実そうに見えても、見栄やプライドからこういった行動に出てしまう方もいるので気を付けましょう。

実際にお付き合いした後、先の結婚のときに苦労する可能性が高くなります。

ポイントその3 『食の好み』

女性目線であれば「男性の胃袋をつかむ」なんてことをよく聞くと思います。

食の好みが合うかどうかは一緒に過ごしていくうえで重要なポイントです。

お相手の好き嫌いが多いため、偏った食事になってしまうこと、あのお店に行きたいけどお相手と好みが合わないから行けない、なんて経験が皆様あるのではないでしょうか?

好き嫌いが対極だと、一緒に食事に行っても楽しくないと感じることや、同じ食卓を囲んでいるのに別々の料理になってしまうことも。そして手間もかかる。

楽しいはずの食事が暗い雰囲気になってしまうため食事の好みが会う方であることが望ましいですね。

ポイントその4 『将来設計』

お付き合いの先を目指す方はぜひ押さえておきたい相手の将来設計。

お相手がいつまでに結婚したい、自身の仕事に関しての思い、もし結婚をするなら家庭に入って欲しいのか、共に働いてほしいのかというように、

知りたいと思うポイントは人それぞれだと思います。

しかし、確認をしないままお付き合いをして、その後お相手に結婚の意思がないことを知り、無駄な時間を過ごしてしまったと考える方も多いのではないでしょうか。

お相手の将来設計を確認してからお付き合いをすることで、将来についてのお話、自身の想いを形にしていけるかが決まります。

決して付き合う前に結婚の意思がない方とは結婚できないというわけではありませんが、結婚に対して前向きに取り組んでいる方と比べると、結婚の意思がない方の意識改革は難しいと言えるでしょう。

ポイントその5 『信頼を置けるか』

お相手が信頼を置ける方なのか?

これに関しては判断がとても難しいですが、信頼ができなくなってしまいうまくいかないケースもよく見受けられます。

交際前では、お相手に良い印象を残すために行動するため判断しにくい内容です。

しかし、過去の恋愛で相手の方と真剣に向き合ってきたのか、まじめな話し合いをできる方なのかが分かるとよいでしょう。

相手と話し合うことなく、一人で決めてしまう方、相手の意見を一切聞かない方であると、すべての信頼を預けることは難しいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、交際前に先を見据えるなら確認しておきたいポイントを5つお伝えしました。

交際を経てその先の結婚というスタートラインに立つまでには、自分のみならずお相手との信頼関係を築かなくてはなりません。

そのためにも、性格、金銭感覚、将来について、食事の好み、面と向かって何でも話し合える関係であるか、といったことがとても重要になってきます。

知らないままいざ結婚してみて何か違う、この方とは合わないといったことの無いように、交際前の段階からその先を見据えていきましょう。

今回お伝えしたポイントを是非確認し、最高の出会い、そして、最良のパートナーを見つけていただければ幸いです。